契約者貸付とは

養老保険には『契約者貸付』という制度があります。

これは途中解約した場合の解約返戻金の範囲でお金を借りられる(保険会社から見ると、契約者に対してお金の貸付けを行う)制度で、各保険会社に違いがありますが、最大で解約返戻金の90%まで借入することが可能です。
手続きは非常に簡単で、所定の用紙に記名・捺印し、保険会社に提出するだけで、約1週間程度で銀行口座に振り込まれます。

企業経営の中でやむを得ず資金繰りに窮する場合が考えられます。
売掛金の未収などが発生した場合でも、一般的には買掛金の支払いや従業員の給与、家賃などの固定費の支払いをしないというわけにはいきません。ビジネス上の信用を失う恐れがあるからです。
こういった不測の事態により一時的に資金が必要になった場合、この養老保険に加入していれば『契約者貸付』を活用いただけます。
もちろん借りたお金は一般的に返さなければいけませんが、この『契約者貸付』の返済方法は、一度に全額返済(一括返済)しても、分割して返済しても(分割返済)構いません。まったく返済せずに数年後に解約して精算するという手段もあります。
返済計画というものはなく、保険会社から毎月返済を催促されるということもありません。返済の仕方は自由ですので企業側の経営状況に即した返済が可能です。

『契約者貸付』のデメリット

『契約者貸付』にはデメリットがあります。

  • ①借入返済に金利がかかります。各保険会社や加入時期により金利は変わりますが、概ね年率3%前後です。
  • ②加入後早い段階で『契約者貸付』を利用される場合、解約返戻金があまり積み上がっていないことが多く、思惑通りの金額の借入ができない場合があります。

お問い合わせ・御見積りはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ