逆・ハーフ・タックス(GHT)逆養老の経理処理

■ご注意

決算対策で活躍している逆養老保険(逆ハーフタックスプラン)ですが、2015年2月27日で販売を終了致しました。
逆養老保険は終了致しますが、他にも効果的な手段がございます。
詳しくは事業保険.jp 役員報酬の手取りを増やす方法をご覧ください。


一般的に、決算対策で使われる生命保険の経理処理は保険種類や被保険者の年齢、保険期間、保険料支払期間などによって、税務通達で定められています。 そのため同種の同条件で異なる経理処理が行われることはあり得ません。
しかし「逆養老」または「逆ハーフタックス(GHT)」については、支払保険料の1/2を「役員報酬」とするか、「役員貸付金」にするかによって、経理処理が異なる極めて稀な保険と言えます。

支払保険料の1/2を「役員報酬」とする場合

支払保険料の1/2を役員報酬とした場合、支払保険料は全額損金算入となります。 役員報酬は「みなし給与」となるため、満期保険金として受取るまでは、個人に現金は入りません。
しかし所得・市民税の対象となるため、「現金が入ってこないのに、税金だけが高くなる」状態になります。 満期保険金のうち、役員報酬として処理した分は過去に課税済みなので手元に残りますが、もう一方は一時所得(1/2課税)として取扱います。

年払保険料 = 993,500円

年払保険料の内訳
役員報酬:496,750円 ・・・ ①
定期保険料:496,750円

満期保険金 = 10,000,000円 ・・・ ②

満期保険金のうち、一時所得に該当する金額
② - ① × 10年分 = 5,032,500円

支払保険料の1/2を「役員貸付金」とする場合

支払保険料の1/2を役員貸付金とした場合、支払保険料は1/2損金算入となります。
役員貸付金は保険期間中に積み上げていく状態となり、受取った満期保険金で法人に返済します。
そのため、満期保険金の約半分が法人への返済に回されます。
残った満期保険金は一時所得(1/2課税)として取り扱います。
この部分については役員報酬にした場合と同様です。

お問い合わせ・御見積りはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ